小論文のノウハウ

【SFC合格保証あり】慶應SFCインテンシブコース(英語・数学・小論文)のご案内【2021年4月開講】

こんにちは、小論文のトリセツ管理人のKaz(井口和宏)です。

これまでの小論文のトリセツでの運営経験、生徒さんへのサポート実績の集大成として、2021年度より、慶應SFC受験生を対象にした「慶應SFC(英語・数学・小論文)インテンシブコース Produced by 小論文のトリセツ」を開講致しました。

※ご要望にお応えして、2021年7月1日より慶応SFC数学カリキュラムを開講しました!

そこで、今回は、慶應SFCインテンシブコース(英語・数学・小論文)の概要をご紹介します。もしかすると、多くの受験生あるいは大学受験予備校が考える一般的な受験の常識に反するものかもしれません。しかし、「慶應SFCに絶対に合格したい」と願う受験生にとっては、慶應SFCインテンシブコースは必ず心強い味方になると確信しています。

30日間全額返金保証あり。また、期間限定で合格保証(※)を実施しています。

※2022年度の慶應SFC受験で、総合政策学部・環境情報学部のいずれも不合格だった場合に、慶應SFCインテンシブコースの費用総額の半額を返金する制度  ※本制度は、受付終了致しました。

Kaz
Kaz
僕のプロフィール詳細は、こちらをご覧くださいね!

この記事の目次

慶應SFCインテンシブコースの概要

慶應SFCインテンシブコース(英語・数学・小論文)は、慶應義塾大学総合政策学部、環境情報学部(以下、慶應SFC)の一般受験に特化した対策コースです。慶應SFCの受験科目は、(英語or数学or情報処理)+小論文の2科目ですが、本講座はSFC英語とSFC小論文に特化したカリキュラムとなっています。数学と情報処理は本講座の対象外となりますので、予めご了承ください。

大学受験には、戦略が必要だ

大学受験は戦いです。合格と不合格がシビアに判断される、戦いなのです。そして、あらゆる戦いがそうであるように、戦いに勝つためには、戦略を持たなければなりません

ここからは、慶應SFCに合格するための受験戦略についてお伝えします。

なぜ慶應SFCに入学するべきなのか?

そもそも、なぜあなたは慶應SFCに入学するべきなのでしょうか?あくまで私(Kaz)の私見ではありますが、ここでは慶應SFCの魅力を3つ挙げたいと思います。

①慶應義塾大学の1つ

当然ですが、総合政策学部・環境情報学部は、福澤諭吉先生が「一身独立して、一国独立す」という夢と志を抱いて設立した、日本最古の大学である慶應義塾大学の学部の1つです。慶應SFCは、経済学、法学、文学など、ひとつの学問領域だけでは解決困難な多様な問題の解決に資する新しい「知」を生み出すことをテーゼに掲げて1990年に設立されました。

慶應義塾大学の卒業生(塾員と呼びます)は、皆、三田会(慶應連合三田会)に所属します。三田会の人数は、総勢約40万人もの巨大な勢力となっており、大企業を始めとして、あらゆる業界、組織に強固なネットワークを構築しています。

「慶應の卒業生とわかると、初対面でも昔からの知り合いのように思えてしまう」とはよく聞く言葉ですが、実際にその通りだと思います。

②大学でキャリアの可能性の幅が広がる

慶應SFCのカリキュラムは、他大学、他学部とは大きく異なります。一般的な大学では、一般教養と呼ばれる基礎教養科目を多く履修しなければならず、自身の関心の高い領域や専門分野の授業の履修は、3年目以降になります。一般的に、法学部生は法律系(または政治系)の科目だけを学び、経済学部生は経済のことしか勉強しません。

しかし、慶應SFCでは、1年次から自身の関心に応じて履修する授業を組み立てることができます。その授業のバリエーションは非常に多岐に渡り、また総合政策学部生も環境情報学部生も、ほとんど分け隔てなく相互に授業を履修することができます。

そして慶應SFCの教授陣は、産官学(企業、政府/自治体、大学)それぞれの分野の最前線で活躍する、超一流のプロフェッショナルで構成されており、知的好奇心を刺激されることは間違いありません。

慶應SFCで学ぶことは、自身のこれからのキャリアを拡げるための最高の4年間になるはずです。

③多様な才能、バックグラウンド、志向を持つ学生が集う

3つ目に、慶應SFCに集う学生の魅力を挙げたいと思います。

慶應SFCには、一般入試での入学者数は約半分だけです。残りは、AO入試生と内部進学生(NewYork校含む)で構成されます。そのため、学生のバックグラウンドが多岐に渡り、類稀なる才能を持った学生や、グローバルに活躍してきた学生などが、周りにゴロゴロいるような環境です。

そのため、慶應SFCは、SFCでの学生生活を通じて、卒業後に幅広い分野で活躍する人たちのコミュニティにもなっています。

また、SFCは起業家を輩出する大学だというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。たしかに、SFC出身の上場企業の創業社長も増え続けていますが、多くの学生は大企業に就職して活躍しています。


出所:慶應SFC HP https://www.sfc.keio.ac.jp/campuslife/career.html

なお、私の大学時代の友人は、大企業(総合商社、広告代理店、コンサルティングファーム)だけでなく、弁護士、医師、スタートアップ企業、国際線CA、プロギャンブラーなど、まさに多岐に渡ったキャリアを歩んでいます。

なぜ慶應SFCに特化した対策をすべきなのか?

少々前置きが長くなってしまいましたが、慶應SFCの魅力について、ごくわずかでもご理解いただけたら幸いです。ここからは、なぜ慶應SFCに特化した学習対策をするべきなのかについて、SFCの受験戦略と絡めてお伝えしていきます。

慶應SFCの試験科目は特殊

冒頭にもお伝えしたように、慶應SFCの受験科目は、英語(数学もしくは情報処理も選択可)と小論文だけです。

この事実から言えることは、一般的な私立文系科目である古文、漢文、歴史(日本史、世界史、地理)は学習不要であるということです。理系科目で言えば、生物、物理、化学は、同様に不要であると言えます。

もちろん、慶應SFC対策(特に小論文)にあたり、歴史や数学の素養はあるに越したことはありません。ただし、そのための投じる時間とそのリターン、すなわち慶應SFC入試での得点力向上とのバランスは、よくよく考える必要があります。

最高水準の難易度の試験問題

慶應SFCの過去問に触れたことがある受験生は、いかにSFCの試験問題が難しいかは理解していることでしょう。

SFC英語に関しては、以下の特徴があります。

・2時間で約2,500語(問題文を含めると約11ページ)という、大量の英文を読解しなければならない
・出典は、主に国際的なトップジャーナルの抜粋や、著名大学教授の著書の引用であり、文章の難易度は国内最高水準
・ライバルとなる他の受験生は、帰国子女を始めとする英語が得意な人が多いので、合格するためには高い水準の得点が求められる

この大変厄介な英語試験に加えて、SFC小論文は以下の特徴となっています。

・2時間で1,200〜1,500文字程度の小論文答案を作成する
・課題文の量は膨大(約12ページ)で、かつ非常に抽象度が高く難解
・課題文内での図表の読み取り、あるいは答案での図表の作成が要求される

一般的に高校の授業では小論文対策が行われていないため、小論文の基礎学習は必要ですが、人文社会/自然科学系の小論文がある程度書けるようになったとしても、さらにSFC小論文に特化した対策は不可欠なのです。

どんな対策をするべきなのか?

ここまでお読みになった受験生の皆さまは勘づいているかもしれませんが、このように難易度の高い慶應SFCの入試本番で、確実に合格点を獲得するためには、他大学や他学部との対策と並行して付け焼き刃的な対策をするのでは心許ないです。

高校の先生や受験予備校からは、このようにアドバイスを受けることはありませんでしたか?

第一志望校だけでなく、第二志望群、そして滑り止めの学校をピラミッド型に、バランスよく受験しましょう

過去問対策は、簡単な大学の問題から解いていき、徐々に難しい大学の過去問を解いていきましょう

これらは一般的な私立大学(文系/理系)を受験する人にとっては有効かもしれません。受験科目や出題範囲・テーマの共通性が高いためです。

しかし、前述したように、慶應SFCの入試は非常にユニークで偏った入試科目・内容で構成されています。よく考えてみてください。

慶應SFC対策に専門特化して学習してきた受験生と、様々な大学の様々な受験科目に時間を割いてきた受験生、どちらがSFCの合格確率は高いでしょうか?

よく見かける(そして往々にして上手くいかない)SFC受験生は、以下の2パターンに集約されます。

①とにかく慶應義塾大学に入学したい
②早慶のどちらかに入りたい

前者の場合、慶應の伝統学部(法、経済、商、文学部)とSFC(総合、環境)を併願するという作戦です。なかには、慶応大学だけで、合計6学部も受験するという猛者もいます。

しかし、この作戦は、2つの意味で愚策だと言えます。

1つは、SFCと伝統学部の出題傾向と対策は、まったく異なるということです。

例えば、慶應経済学部の英語では、英作文が出題されますので、専門の対策をしなければなりません。また、法学部と経済学部とSFCの小論文は、それぞれテーマや形式もまったく異なります。何より、伝統学部では、社会科目(もしくは数学)に対する十分な対策が必要です。

2つ目は、入学する学部によって、大学でのカリキュラムや学習内容はまったく異なるためです。

大学の4年間で、法学部では法学あるいは政治学について学び続けますし、経済学部では当たり前ですが経済学を学び続けます。同様に、文学部とSFCで学ぶこともまったく異なります。

大学の4年間で何をどのように学んだのかは、学生のその後の人生に少なからず影響を及ぼします

それにも関わらず、「なんでも良いから慶応大学に入学したい、そのためにたくさん併願する」という選択は、あまりにも安易ではないでしょうか?受験前に、「自分はどのような方向を目指していて、そのためにどの大学・学部で学びたいのか」と自問自答するプロセスから逃げてはいけません。

また、「早慶のどちらかに入りたい、そのためにSFCを含む早慶の文系学部をたくさん受ける」という受験生も多数いらっしゃいます。

しかし、早稲田大学の文系学部では、非常に難易度の高い古文・漢文が出題されますし、社会科目(日本史・世界史)に関しては、専門書の隅から隅まで暗記しなければならない最高水準の難易度です。その一方で、小論文は出題されないので、対策は不要です。

このように、慶應と早稲田での対策はまったく異なりますし、慶應の伝統学部とSFCでも、行うべき対策はまったく異なるのです。実際に、慶應と早稲田の両方を合格する受験生は、非常に少数だと思われます。

入学できる大学は1校だけ

このように、大学受験で良い結果を出すためには、勉強以前に、「どの大学を受験するか?どの大学の対策に、どの程度の時間を割くべきか」を決めるための受験戦略が必要なのです。

いろんな大学、学部を受験して、万が一たくさんの学校に合格できたとしても、結局進学できる大学・学部は1つだけなのです。それならば、第一志望校の対策に、時間と労力そしてお金という貴重な資源を投資するべきではないでしょうか?

戦略とは、「戦いを略す、戦いを略く(はぶく)」と書きます。受験における戦略とは、限られた時間という制約の前提で、いかに戦わない領域をつくるかを判断することです。

もしあなたが超優等生だったり、あるいは帰国子女で英語力がネイティブ並みであるなら(実際、SFCにはたくさんいます)、あらゆる大学に必要な受験科目を満遍なく学習し、SFCは数ある受験校の1つとして受験するのも良いでしょう。慶應SFCに特化した対策も必要ないかもしれません。

でも、そうでなければ、限られた資源をどこに割くべきなのか、「集中と選択」という意思決定をしなければなりません。

もっとシンプルに言えば、慶應SFCが第一志望であるなら、SFCに特化した必要十分な対策をする代わりに、SFC以外の対策に割く時間を可能な限り削減する必要があるのです。

慶應SFCはチャンスが2倍になる

「慶應SFC以外の対策は切り捨てる」と聞くと、一見リスクが高いように思われるかもしれません。

そこで、総合政策学部と環境情報学部、それぞれの過去問を確認してみてください。これら2学部の出題傾向(英語・数学・小論文)は、極めて近しいことが一目で分かるでしょう。すなわち、SFC対策をすれば、受験のチャンス(すなわち合格のチャンス)は2倍に増えるのです。

実は、SFCの現役生でも「どちらかの学部しか受験しなかった」という学生が多く、私はなぜ2学部受験しなかったのだろうか」といつも不思議に思っていたのですが、これは「SFCのどちらの学部に入っても、中身はほとんど同じである」という事実が、あまり受験生に知られていないからだと気づきました。

そのため、総合政策学部と環境情報学部の2学部を受験することだけでも、他の受験生に大きく差をつけることができるのです。

30秒で完了|無料カウンセリングを予約する

慶應SFCインテンシブコースの特徴

慶應SFCインテンシブコース Produced by 小論文のトリセツは、慶應SFCの合格に必要な学習要素を研究し、慶應SFC合格のために特化したオリジナルの学習カリキュラムを提供しています。

慶應SFCインテンシブコースは、以下3つのユニークな特徴を有しています。

・SFC合格の最短ルートを徹底研究し、体系的なカリキュラムを構築
・講師、コーチは全員SFC卒/合格者
・専用アプリを用いた学習進捗管理

それぞれご紹介していきましょう。

SFC合格の最短ルートを徹底研究し、体系的なカリキュラムを構築

慶應SFCインテンシブコースは、慶應義塾大学総合政策学部2009年卒であり、大手受験予備校で4年間SFC小論文を指導し、年間数百枚の小論文添削を通じて多数のSFC合格者を輩出したKaz(井口和宏)が責任者です。

また、オンライン小論文学習塾「小論文のトリセツ」での多くの小論文添削、コーチングを通じて、SFCの合格水準に求められる学習要素を整理・体系化したカリキュラムを構築いたしました。

本講座は、

インプット…オンライン動画授業、SFC合格に必要な学習参考書、チャット相談
アウトプット…小論文答案作成、添削、ワークショップ
学習進捗管理…日々の学習内容の報告、隔週での問題発見・解決面談

という3つのカリキュラムの柱が組み合わさっています。

本講座では、多数の合格者を輩出したSFC合格のノウハウを余すところなく提供します。

講師、コーチは全員SFC卒/合格者

実際のオンライン授業を行う講師や、進捗管理を行うコーチは、すべて慶應SFC卒業生もしくは在学する現役生です。慶應SFCの難易度の高い試験問題に対して、皆さんと同じように壁に打ち当たり、様々な悩み、困難を経て合格してきた先輩達ばかりです。

慶應SFC対策において、SFCを理解することが大変重要です。SFCがどのような大学なのか、SFCのリアルを受験生にお伝えしています。

専用アプリを用いた徹底管理

あなたが必ず慶應SFCに合格するために、「これだけ勉強すれば合格できます」という1年間(11ヵ月)の学習カリキュラムを設計し、月次・週次の学習スケジュールに落とし込みます。

生徒さんからは、専用アプリを通じて、日時で学習報告をしていただきます。また、2週間に1回は、現状の課題を整理しどうすれば解決するか、をすり合わせるためのコーチング面談を実施し、次のアクションプランに落とし込みます。

もちろん、受験生にはストレスや悩みがつきものですので、SFC合格者であるコーチ陣が受験生に寄り添い、SFCに関する雑談も交えることで、学習のモチベーション向上に努めます。

30秒で完了|無料カウンセリングを予約する

慶應SFCインテンシブコース(英語・数学・小論文)のカリキュラム紹介

慶應SFCインテンシブコースの年間カリキュラム・コンテンツは、以下の通りです(状況に応じて、変更する可能性があります)。慶應SFC対策の「All in One」パッケージとなっています。

SFC英語・数学対策

  • SFC英語・数学対策動画コンテンツ…10〜20本程度、随時追加予定
  • オンラインチャット相談(随時)…専用アプリを通じた学習相談、進路相談などの質問/相談に随時チャットで対応
  • オンラインコーチング面談(隔週)…日々の学習進捗管理を踏まえて、受験生の専属コーチ(SFC合格者)が隔週で面談し、受験生の課題発見・課題解決を実施

SFC小論文対策

  • SFC小論文対策動画コンテンツ…10本程度、随時追加予定
  • オンラインチャット相談(随時)…専用アプリを通じた学習相談、進路相談などの質問/相談に随時チャットで対応
  • オンラインコーチング面談(隔週)…日々の学習進捗管理を踏まえて、受験生の専属コーチ(SFC合格者)が隔週で面談し、受験生の課題発見・課題解決を実施
  • ワークショップ(後半)…講師と複数の生徒で、SFC過去問を題材に議論
  • 小論文答案添削(計20回分)…過去問10回分(総合政策5年分、環境情報5年分)×書き直し(1回まで)

慶應義塾大学の理念の1つに、半学半教というものがあります。講師も受験生も半分は教えて、半分は学び続ける存在、という精神です。

慶應SFCインテンシブコースでは、受験生は講師やコーチから教わるだけでなく、受験生同士でも教え学び合う、半学半教のコミュニティ運営を志向しています。

知識のインプット、アウトプット、フィードバックの繰り返しを通じて、思考力は磨かれていくものだと考えます。また、受験生同士が切磋琢磨することで、相乗効果を発揮してもらうことを期待しています。

サンプル動画①:基礎から分かる小論文の書き方(前半)

サンプル動画②:

受講料

受講料

慶応SFCフルサポートプラン(英語・数学・小論文) … 49,800(税別), 54,780円(税込)

小論文プラン(小論文のみ) … 39,800(税別), 43,780円(税込)

入塾費 … 19,800円(税抜)0  ※2021年8月31日までにご入塾いただいた方限定

※原則として慶応SFCフルサポートプランでのお申込みにて受付しておりますが、小論文だけのお申込みも対応致します。

※受講開始月に応じて、月割を適用致します。詳しくは、無料カウンセリングでお問い合わせください。

予備校・学習塾の他社比較


※料金は2021年2月現在のものです
※慶應SFCインテンシブコースの一括プランと、他社の類似サービスを比較しています

30日間 全額返金保証

大学受験、ましてや国内最高峰の慶應SFC受験には、不安がつきものです。そういった不安を少しでも取り除くために、慶應SFCインテンシブコースでは全額返金保証制度をご用意しました。

慶應SFCインテンシブコースのサービスにご満足いただけなかった場合、全額返金いたします。

※以下の条件をすべて満たしている場合に限り、当社にお支払いいただいた講座費用等の全額を返金いたします。
・初回面談から30日以内に全額返金の申し出をされた方
・一括払いプランでお支払いをされた方
※詳しくはカウンセリング時にお問い合わせいただき、利用規約・免責事項をご確認ください。

さらに合格保証付き

本制度は、受付終了致しました。お問い合わせいただき、ありがとうございました。

2021年3月中に一括お支払いプランでお申し込みされた方には、慶應SFCの合格保証をいたします。

万が一、2022年度の慶應SFC受験で、総合政策学部・環境情報学部のいずれも不合格だった場合は、慶應SFCインテンシブコース(英語・数学・小論文)の費用総額の半額を返金いたします。

慶應SFC対策サービスへの絶対の自信があるからこそ、できる制度です。

※詳しくはカウンセリング時にお問い合わせいただき、利用規約・免責事項をご確認ください。
※人数限定のため、予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。

慶應SFCに合格した受講生の声

小論文のトリセツの各種サービスをご利用いただいて、2021年度の慶應SFCの入試で合格した受講生の声を一部ご紹介します。

小論文が不得意だった私が環境情報学部に合格できたのは、間違いなくKaz先生のおかげ

小論文を添削してくださる先生が中々見つからず困っていた所、Kaz先生の小論文のトリセツに出会いました。Kaz先生はとても丁寧に私の小論文を添削してくださりました。先生の添削やアドバイス、また小論文のトリセツにある記事を参考に勉強を進めたら無事第一志望の環境情報学部に合格することができました。小論文が不得意だった私が環境情報学部に合格できたのは間違いなくKaz先生のおかげです。本当にありがとうございました。

2021年度 慶應義塾大学 環境情報学部合格 Kさん(女性)

どういう小論文を書けば合格答案に近づくのか、根本的なところから教えてくれる

学校の先生に添削依頼すると、日本語の誤りなどの指摘はしてくれましたが、根本的に実力を上げていくことには繋がっていないと感じていました。このような背景からKaz先生に相談しましたが、小論文のトリセツでは、「アウトライン作成・答案作成・フィードバック(添削)・書き直し」を通じて、どういう小論文を書けば良いのか、根本的なところから教えてくれるので、大変役に立ちました。

特に、大量のアウトラインを書いた経験は、入試本番にも多いに役立ちました。試験本番では、英語の出来は悪かったものの、小論文は自信があったので合格できました。本当にありがとうございました!

2021年度 慶應義塾大学 環境情報学部合格 Kさん(男性)

小論文のアウトラインに対するフィードバックが役立った

大手予備校でもアウトラインの書き方や添削をしてもらう機会がないので、小論文のトリセツでそこを指導してもらったのが非常に良かったです。他の人の書き方も参考にできる点も良かったです。一つあったらいいなーって思ったのは、先生の模範のアウトラインの書き方を過去問解説につけて欲しかったです。上手い人の書き方を真似して自分のものにするのが一番点数アップにつながると思いました。

2021年度 慶應義塾大学 総合政策学部合格 Yさん(男性)

掲載メディア

小論文のトリセツは、多くのメディアで紹介いただいています。

掲載メディア

慶應SFCインテンシブコース(英語・数学・小論文)の参加条件

大変恐縮ではありますが、本講座は、どなたでも受け入れている訳ではありません。「慶應SFC合格」という受験生の高い目標の達成にコミットメントする講師・コーチ陣に対して、真正面から向き合う意志のある受験生のみ受け入れたいと考えています。

具体的には、以下の4つが参加条件となります。

・慶應SFCが第一志望であること
・所定のカリキュラムを実施するための必要十分な学習時間を確保すること
・提出物の期限を守ること
・講師、コーチ陣に嘘をつかないこと

本講座の受け入れにあたって、受験生の現時点での学力は問わないことにしています。

正しい方向性に向かって、正しい努力さえできれば、現在の学力や偏差値がどうであれ、必ず慶應SFCに合格できると確信しています。

30秒で完了|無料カウンセリングを予約する

よくあるご質問

Q. 慶應SFCインテンシブコースは学習塾ですか?
A. 慶應SFCインテンシブコースは、学習塾でも、予備校でも、コーチングスクールでもありません。これらいずれとも異なる、慶應SFC合格に必要なインプット提供、生徒のアウトプットに対するフィードバック、生徒の学習進捗管理、コミュニティ運営にフォーカスした、新しいタイプの大学受験支援スクールです。

Q. 慶應SFCインテンシブコース以外の予備校に通う必要はありませんか?
A. はい、原則として、その必要はありません。慶應SFCが第一志望でしたら、本講座はAll in oneのパッケージとなっておりますので、すべてお任せください。SFC以外の併願校対策については、無料カウンセリングにてご相談ください。

Q. 無料カウンセリングでは何をしますか?
A. ①現時点の学習状況の把握と今後の目標等のヒアリング、②慶應SFCインテンシブコースのご提案及びサポート体制のご紹介、③個別相談、の3つを実施いたします。

Q. 無料カウンセリングに参加したら、本講座を受講しなければなりませんか?
A. いいえ。「そもそもあなたは慶應SFCを目指すべきなのか?」という根本の部分からカウンセリングさせていただきます。

Q. 無料カウンセリングには、受験生だけでも参加できますか?
A. はい。ただし、ご家族での本講座の正確な理解のために、受験生と親御様の両方でのご参加を推奨しています

Q. 無料カウンセリングの時間はどれくらいですか?
A. 1時間を想定しています。

Q. 無料カウンセリングはオンラインでもできますか?
A. はい。現状はオンラインのみ実施しております。そのため、遠方からでもご参加いただけます。

おわりに:未来のSFC生を増やしたい

長文を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

慶應SFC合格のためには、慶應SFCインテンシブコースのようにSFC対策に特化した学習が必要だと思うに至った背景は、私(Kaz)自身の受験生時代の経験にあります。

私は、私立の中高一貫校出身でした。なんとなく「慶應大学に行ければ良いな」と思っていた現役時の大学受験では、慶應経済・商・総合政策・環境情報の4校(+上智大学)だけ受験し、結果は見事に全敗。「たくさん受ければどこかしら合格するだろう…」という私の甘い読みは、脆くも崩れ去ったのです。

親にはお金のかかる私立中高に通わせてもらいながらも、浪人までさせてもらうことが決まった3月、初めて自分の人生に真剣に向き合いました。

「自分は将来、どんな人間になり、どんな仕事がしたいのだろう。大学で、どんな人と一緒に、どんなことを学びたいのだろうか?」

「慶応経済とSFC、もし来年両方合格したら、どちらに進学したいだろうか?」

私の決めた答えは、「SFCで学び、自分のキャリアの可能性を拡げたい」というものでした。そして、それならば、SFC以外の伝統学部は受験も対策もせずに、その分SFCへの対策に最大限注力しよう、と決めたのです。

私は選択と集中を行い、SFC対策に多くの時間を投資することで、無事、総合政策学部に合格することが出来ました。

いまからだいぶ前のお話ですが、本質は変わっていないと思います。何かを捨てる勇気がなければ、何も得られないのです。

慶應SFCは私立最高峰の難易度であり、志願倍率も非常に高いです。SFC対策の授業をする予備校や学習塾も散見されますが、SFCのことはSFC合格者に聞くのが一番良いのではないかと思います。

さぁ、次はあなたの番です。まずは無料カウンセリングでお話できることを、楽しみにお待ちしております。

小論文のトリセツ運営責任者 井口和宏

30秒で完了|無料カウンセリングを予約する

【SFC合格保証付き】慶應SFC合格のための学習カリキュラムを開講します!

慶應SFC合格のための特別カリキュラム「慶應SFCインテンシブコース Produced by小論文のトリセツ」が開講します!

講師・コーチはすべて慶應SFC合格者で構成。SFCの出題傾向を知り尽くした講師陣が、SFC合格の最短ルートを伝授し、学習の定着化を支援します。オンラインの無料カウンセリングは、こちらからどうぞ。

また、「慶應SFCに1年間で合格するための最強戦略」の動画講義を、LINEでお届けしています。期間限定で無料配布するので、LINE登録でゲットして下さいね。

LINE登録で無料で得点をGET!

ABOUT ME
Kaz
2005年慶應義塾大学総合政策学部入学、2009年卒業。本サイト「小論文のトリセツ」の管理人&慶應SFCインテンシブコースの責任者です。志望大学合格に向けて、受験生を全力でサポート致します!