総合型選抜入試(旧AO入試)の合格体験記

【AO入試】京都産業大学経営学部の合格体験記(2012年入学)

こんにちは、小論文のトリセツのKazです。

全国の選抜型入試(旧AO入試)の合格者へのインタビューを通じて、総合型選抜入試への試験対策に役立てていただく企画をスタートしました。

今回は、京都産業大学経営学部(2012年入学)のAO入試で合格したひかるさんに、AO入試対策のポイントについて教えていただきました。

ぜひ京都産業大学を志望する受験生の皆さん、ぜひじっくりお読みください。

※必ず最新の募集要項をご自身でご確認ください

慶應SFCインテンシブコース

プロフィール

お名前(ニックネーム)

ひかるさん(女性)

出身高校

兵庫県立北条高校

AO入試で合格した大学、学部名

京都産業大学経営学部

入学年度

2012年

京都産業大学のAO入試概要

AO入試の選考プロセス

志願書提出→1次面接→2次面接(20〜30名のうち、6-7人×5組=35名でグループディスカッション)→合格(10名程度)

提出書類とその概要

以下2つのテーマを、それぞれ原稿1,000文字を手書きで提出。

・高校生活で頑張ったこと

・大学でどうしていきたいのか?

自身の文化祭や部活での立ち位置、挫折経験と成功体験など、これまでの人生を振り返った自己分析とその結果を、若干盛りつつ記述しました。

また、高校の先生に添削していただき、1日で書き上げました。

1次面接の概要

大学で講義を受けて、感想を問題を回答する

  • 教授が講義(90分、大学ほど難しくはない)、聞いていたら分かるような内容(経営学ではない)
    テストに回答(選択式+記述)
    その講義に対する作文(300文字程度)

2次面接

グループディスカッションを実施し、試験官(教授陣)が評価する

  • 予め受験生はグループ分けされ、グループディスカッション(30-40分間×2回)
    グループによってテーマは異なり、グループにはテーマだけ配られる
    予め反対派と賛成派に分けられている
    ファシリテーター(リーダー)やタイムキーパー、書記などの役割を自分たちで決めて、議論開始
    3名程度の先生が議論の内容を評価し、終わり次第、議論に対しての講評を行う

京都産業大学のAO入試の感想、考察

AO入試を振り返ってみての感想、印象的なこと

私は大学受験では、京都産業大学のAO受験しか受けませんでした。

AO入試受験のきっかけは、京都産業大学のオープンキャンパスに行ったことです。その場でAO入試の説明を行っていることを聞き、受けようと思いました。

受験生へのアドバイス

試験内容の一部にグループディスカッションがあるので、どういう立ち振る舞いをして、どのようは発言をすると評価に繋がるのか、事前に理解しておいた方が良いです。

また、現在の自分の学力よりも、レベルの高い大学のAO入試を受けた方が良いと思います。学力以外の部分での評価、すなわち個性を評価してもらえるので、合格のチャンスがあります。

AO入試を受けて良かった点

入学が早く決まる点です。年内には決まっていました。選考プロセスはしんどいですが、良い経験ができたと思います。

AO入試受験のデメリット

一般入試開始の前に、大学への入学費を振り込まないといけなかったので、AO入試だけで進路を決めなければならない点は、少し躊躇しました。

終わりに

京都産業大学経営学部(2012年入学)のAO入試に合格された、ひかるさんのインタビュー、いかがでしたでしょうか?

京都産業大学経営学部へのAO受験を検討している受験生の皆さま、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【SFC合格保証付き】慶應SFC合格のための学習カリキュラムを開講します!

慶應SFC合格のための特別カリキュラム「慶應SFCインテンシブコース Produced by小論文のトリセツ」が開講します!

講師・コーチはすべて慶應SFC合格者で構成。SFCの出題傾向を知り尽くした講師陣が、SFC合格の最短ルートを伝授し、学習の定着化を支援します。オンラインの無料カウンセリングは、こちらからどうぞ。

また、「慶應SFCに1年間で合格するための最強戦略」の動画講義を、LINEでお届けしています。期間限定で無料配布するので、LINE登録でゲットして下さいね。

LINE登録で無料で得点をGET!

ABOUT ME
Kaz
Kaz
高校卒業後1年間浪人し、2005年慶應義塾大学総合政策学部入学、2009年卒業。本サイト「小論文のトリセツ」の管理人です。一見難しい小論文学習の面白さを伝え、大学受験合格に導くため、日々情報発信を行っています。

慶應SFCインテンシブコース